病気は早期発見が大切!! 乳がんの初期症状を知ろう

乳がんの初期症状

病気は早期発見が大切!! 乳がんの初期症状を知ろう

▼MENU

乳がんの初期症状 乳がんのしこりかどうかの見分け方


女性の20人に1人の割合で発症するというのが乳がんであり、女性が一番掛かりやすいがんとも言われています。


ですが心配いりません。


早期発見をすることにより、治療で命を取り留めることが可能な病気でもあります。


実際に私も乳がんを早期発見で克服した方達にお会いして早期発見の大切さを感じました。


初期症状では痛みは伴わない場合が殆どです。


乳がんであるかどうかチェックする為には定期的なマンモグラフィー検査を行って頂くのが一番望ましいことですが、それが面倒であれば日頃から胸を触ってしこりがないかどうかチェックしましょう。


乳がんが分かったという方の殆どが、お風呂で胸を洗っている時に胸のしこりを発見し違和感を感じているようです。


スポンサードリンク



しこりがあるかどうかの確認が重要なポイントとなりますが、胸のしこりには乳がんとは関係がない良性の物と、乳がんの悪性の物があります。


もし胸のしこりが触ると体内でコロコロと動くような感触がすれば良性である可能性が高いです。


コロコロと動かずあずきのようなサイズで硬い物であれば悪性の乳がんの可能性があります。


良性か悪性かどうかは今までしこりが出来た経験のない方ですと見分けるのが難しいです。


また、私の場合マンモグラフィーとCTを撮っても乳がんかどうか判断出来なかった為手術をして良性かどうか確認しました。


幸い良性であり乳がんではありませんでしたが、マンモグラフィーでも分からない場合もあるので参考までにどうぞ。


例え良性であっても万が一の為に、胸のしこりを発見したらすぐに婦人科に行きましょう。