乳がんの患者さんは、日本国内で増えつつあります。 その理由と症状について説明していきます。

乳がんの初期症状

病気は早期発見が大切!! 乳がんの初期症状を知ろう

▼MENU

乳がんの患者さんは増えつつあります


乳がんの患者さんは、日本国内で増えつつあります。

その理由と症状について説明していきます。

乳がんになると、乳房のなかにしこりのようなものの感触があります。

また、乳房が不自然に腫れたり、ただれたりします。

さらに、乳首から、血液のような液体が出てきます。

乳がんになると、全身にがんが転移する可能性があるから、早くに発見しなくてはなりません。

乳がんになると、乳房を失いますから、自信をなくしたり、絶望してしまう患者さんまでいます。

乳がんの死者数は、今現在年間で一万五千人くらいです。

スポンサードリンク



日本人女性に乳がんが増えている理由は、食生活の変化です。

和食を食べる人が減り、パンやカロリーの高いものを食べることは、乳がんになるリスクを高めます。

また、意外かもしれませんが、男性も乳がんになります。

男性の場合、脇の下に乳がんができる場合が多いそうです。

乳がんになりやすい人は、よくパンを食べる人、初潮が早かった人、出産経験のない人、閉経が遅かった人などです。

出産すると、生理が長い間止まりますから、乳がんになるリスクが減るのです。

昔、乳がんになる人が少なかったのは、たくさんの子どもを出産し、生理が少なかったから、だと言われています。

乳がんが全身に転移すると、悲惨です。

抗がん剤は副作用が強いですから、髪の毛が抜け落ちたり、食べることができなくなる場合まであるのです。

乳がんは、触ったり、レントゲン検査をすればすぐに発見できるから、こまめに病院で検査しましょう。