病気は早期発見が大切!! 乳がんの初期症状を知ろう

乳がんの初期症状

病気は早期発見が大切!! 乳がんの初期症状を知ろう

▼MENU

乳がんの初期症状 胸の異変


乳がんは日本人に大変多い病気です。

アメリカや欧米では古くから恐ろしい病気という認知が全ての女性にあり、乳がん検診率は八割程だそうで患者は減ってきています。

日本人は食生活、ライフスタイルの変化に伴い増えてきたのです。

なかなかマンモグラフィ検診を受ける女性が少なく、だからこそ患者が多いのです。

特に三十代からどんどん患者は増えていきます。

もしあなたにこんな症状があれば、それは乳がんの初期症状かもしれません。

乳がんは胸に異常が現れます。。

自分で何気なく触れたとき、鏡を見たときなどに気付くことも多々あります。

胸になぜかくぼみができていたり、胸を触ったらしこりはありませんか?。

とくにしこりはほぼ九割の方が見つけている症状であり、一番分かりやすい初期症状です。

スポンサードリンク



両方の乳房を比べてみたとき、乳首の位置がずれている、乳首が陥没している、乳房をつまんでみたときに乳首から何かの液体がでている、など他にもこんな現象も起きます。

いますぐ胸を確認してみてください。

異常はありませんか?怖がらず病院に行きましょう。

乳がんは発見が早いほど症状も軽くて済み、癌のなかでも発見しやすい病気として有名です。

こんな症状を見付けたらある意味早く見つかってラッキーなんですよ。

できれば毎日自分でセルフチェックをし、異変がないか調べてください。

また1年に一度は病院で検診を受けた方がいいです。

まれに初期症状がなくて検診で初めて乳がんに気付く人もいるからなんです。